わかっているようで実は知らないルールってありませんか?例えばETCの正しい使い方・注意点はどうでしょうか。

NEXCOのwebサイトで正しい使い方の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードにはクレジットカード同様に有効期限があるので車に乗る前に確認しましょう。

車載器にカードを入れる際はカードの向きに気をつけましょう。

オモテ面ウラ面などカードの向きに気をつけてください。

料金所のETCレーンに入る際は信号が赤になっていないかの確認とレーン内では時速20km以下の速度で通行してください。

もしカードエラーなど何らかの理由で出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車をバックさせて出るのではなく、インターフォンで係員の指示に従うようにしましょう。

1、2年ほど前からキャンピングカーをレンタルしての旅行が人気なようです。

キャンピングカーを借りるということはキャンプ場まで高速道路を利用することも多いと思います。

高速道路を利用する際にETCカードの利用を考えると思いますがレンタカーでの利用は車載器に挿せば基本的に利用できますが旅行後にETC利用照会サービスを使って履歴を見るには事前準備が必要になります。

利用照会サービスのHPでは本人確認を行うための事前登録として「ETCカード番号」、「ETC無線通行した利用年月日」などいくつか情報が必要になります。

レンタカー利用時の車載器管理番号は各レンタカー会社への電話するなどして確認してください。

自家用車などでETCカードの登録をすでに行っている、もしくは1度登録したカードについてはその後も他の車で利用するときに登録は不要です。

高速道路の料金所で止まらずに通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですがその利用率はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本が調べた利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した中の約90%の車で使われていたそうです。

ほとんどの方がETCを利用しているということです。

料金割引も例えば東京湾アクアラインでは普通車のETC料金が800円ですが一般レーンの利用料金では約3000円と大きく違います。

こういった話を聞くとETCを使っていないと損している気分になりますよね。

カードの作り方ですがすでにクレカをお持ちの方はマイページで追加発行、持っていない方は新規でクレカ申し込みする際に一緒にETCカードの申し込みができます。

高速道路料金所を通過するときに便利なETCカードですがカードの選択肢が多くて選びにくいですよね。

ここではおすすめのカードを何種類か挙げておきます。

発行手数料、年会費がかからないのはライフカードです。

ライフカードでは誕生月のポイント還元率が通常の3倍になったり、国際ブランドもVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できます。

2つ目は国内でも有数の知名度を誇る楽天カードです。

クレカは年会費無料ですがETCは年会費がかかります。

年会費が発生するのが気になるという方もいると思いますが楽天カードはポイント還元率がよくエネオスなどでガソリン給油時にもポイント還元があります。

ショッピングなど様々な場面で付与されるポイントですがカード会社が発行しているETCカードで高速道路を通行するだけでもポイントが加算されるのを知っていますか?一例として楽天カードを利用した時にスーパーポイントが利用額に応じて付与されますがETC利用でも同様のポイントが付与されます。

付与率に関してはETCでもクレジットカードと同率付与されるカード会社もありますが、多くの場合ではETC使用時では付与率が減少していることが多いようです。

また、最近は少ないですが、ポイント付与の対象外のカードもあるようなので高速道路をよく利用するなど皆さんの生活環境から選ぶようにしましょう。

皆さんは普段、高速を利用する時にETCカードは利用されていますか?もし現時点で使ったことがないならとてももったいないです。

なぜかというとETC利用で高速道路の料金割引が受けることができるからです。

例えば、NEXCOが管理している地方部の利用料が30%オフになるんです。

他にも平日朝夕割引や深夜割引といったサービスも行っているようです。

また、割引が適用されない区間でも多くの方が経験したことのある料金所の一般レーンの渋滞をできるだけ回避して通過できます。

ここまで読んで損してたなぁ、カード作らなきゃと思った方は現在お持ちのクレカ会社に追加で発行してもらうか2枚目、3枚目のクレカを申し込むときに一緒に発行してもらいましょう。

皆さんはETC カードを申し込む際にどういった部分をチェックしてカードの発行申請をしましたか?所持しているクレカ会社にそのまま発行申し込みをしている方や発行手数料や年会費無料かをチェックして申し込んだ方もいると思います。

ここではまだETCカードを所持していない方に向けて他の方が作ったときにどのポイントを見て作ったのかを調べてみました。

高速の利用頻度が少ない方は年会費や更新費無料のカード、利用頻度の多い方はポイント還元率の高いカードを選ぶ方が多いようです。

年会費無料のカードを選ぶ際、よく利用する店舗でのポイント還元率の違いや自営業の場合、仕事用と私用でカードを分けるために複数枚持つ方もいるようです。

トラブル対応に慣れている人って少ないですよね。

というのもこの前遠出しようと思いETCカードを使おうと財布の中を探しても見つからなかったんです。

家に帰ってから改めて部屋の中を探しても見つからずどうやら失くしてしまったようです。

こういったトラブル対応に慣れていないので焦ってしまいました。

ひとまずカード会社に利用停止の連絡をしようと思い、紛失盗難デスクに電話をしたところそのまま再発行の手続きを行ってもらえました。

再発行時に手数料は必要ですが手続きをしてから半月かからないうちに新しいカードが届きました。

このように予期せぬトラブルに見舞われても焦らず行動をしましょう。

大学進学や新社会人になったのを機に車の免許を取って長期休暇に遠出をしたいと思っている方もいると思います。

免許を取ったばかりの方の多くがETCカードを持っていないと思います。

ネット上でもどこで手に入るの?といった質問も散見されます。

なのでETCカードの作り方について少し調べてみました。

まずはじめにETCカードは購入するものではなく申し込みをして入手するものになります。

クレカなどのように申し込みをして取得するものになります。

一般的にETCと呼ばれてイメージするクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

もし持っているクレカがETC対応なら追加発行の申し込み、対応していなければ新規に別のクレカを申し込み、その時に同時にETCを申し込みしましょう。

ETCカードを使って高速道路の出口を通過する際、何事もなければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

万が一出口でエラーが起きてしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

もしエラーが発生したら車載器からエラーの警告音が出ます。

レーン出口のバーには「STOP」の表示のみが出て、バーも開きません。

バーが上がらなかった時のためにETCレーンに減速しながら入っていくことになっています。

もしバーが開かなかった時には接触しないように車を停めましょう。

その際、事故につながることがあるため停車後に焦って車外に出ないようにしましょう。

バーの手前にインターホンが設置されているので係員の指示に従うようにしましょう。

多くの場合、係員に直接カードを渡して処理しますがその際もETC割引は適用されるので安心してください。

最近ETCカードが欲しいと思って調べていたところあまり世間的に知られていないと思われる豆知識が出てきました。

それは、車載器が付いていなくてもETCカードは利用可能ということです。

車載器が壊れてしまった時などの場合、ETC専用レーンではなく一般レーンを使い係員にカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

料金所スタッフに手渡しで利用する場合、ETCが作られた理由としての人件費削減や渋滞の解消が目的という部分が手渡しでは無意味になってしまいます。

そのためクレカなどの通常の利用ポイントはついてもマイレージサービスのポイントは付かないことや休日割などのETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

なので皆さんもETCを利用する時は車載器を付けましょう。

皆さんはクレカの利用額はちゃんと管理していますか?特にカードを複数枚所持している方は管理が大変ですよね。

特に独立してプライベート用や仕事用でカードを分けている場合、確定申告用にどの領収書がどのカードに紐づくか利用履歴や明細を確認する必要があります。

これはETCカードでも同じことが言えます。

クレカでは各カード会社ごとに専用のページで照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」というサイトでカードごとに過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

レンタカーで利用した明細が必要ならばレンタカー会社へ事前に確認をしなければ照会ができなくなってしまうので気をつけましょう。

長期休暇を利用して車で遠出をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?ETCカードを利用している方は多いのではないでしょうか。

実際にNEXCO東日本の調べでは平成30年3月の月間利用率は約90%になっているそうです。

なぜこんなに利用率が高いのか調べてみたところ一般レーンでの支払いと違い小銭を準備しなくていいことや料金割引が使えるので一般レーンよりお得という理由がありました。

例として、木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインでは普通車料金が現金、クレカ支払いで3090円なのに対してETC利用料金は800円と2000円以上違います。

また、親となるクレカ次第ではガソリン給油時の割引がついているカードもあります。

大学生になったのを機に車の免許を取ったという方もいると思います。

夏休みに友達とキャンプなど遠出を考えているならぜひETCカードを利用しましょう。

ここではETCカードの作り方を簡単に説明します。

カードの作り方としては大きく2種類に分類されます。

クレジットカード会社から発行しているクレカタイプとNEXCOなどが共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

特別な理由がなければクレカタイプをお勧めします。

その理由としてはクレカタイプの場合は申し込みと同時に発行、すでにクレカを持っている場合は追加申し込みでほぼ無審査に近い状態なのに対しパーソナルカードでは最低4万円の保証料を預ける必要があります。

自動車免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを持っていないから家族からカードを借りてくる。

という学生の話を聞きます。

ETC制度の仕組みとしては他人名義のカードでも利用はできますが信用面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、クレジットカードの利用規約に本人以外の利用禁止という文が載っているからです。

制度について簡単に書くとETC・クレカともカード会社が一時的に利用料金を立て替えて名義人の口座から後日まとまった金額を引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人とカード会社の信用を前提にして成り立っています。

たとえ家族だとしても名義人以外の信用関係が成り立っていない人が利用しているのは明確な規約違反となりカードが利用停止になる可能性を含んだ行為になります。

etcカードの審査は厳しいという口コミは本当?

高速道路の料金所でみなさんはどのような支払い方法を利用することが多いですか?今でも一般レーンを使って現金・クレカ払いの人もまだいますが約9割の方はETCカードを使っての無線通行をするという結果が出ています。

では、ETCを使うとどんなメリットがあるのか少し調べてみました。

最も大きなメリットとして、料金所の時間短縮です。

係員とやりとりする必要がなくなり料金所渋滞を気にしなくていいことではないでしょうか。

2つ目の大きなメリットは料金割引が適用されることです。

特に割引前と後で差額が大きいことで有名な東京湾アクアラインを例にすると割引前は普通車の料金が約3000円のところ、ETCレーンでは割引適用で800円と半額以下になります。

ここ数年でノマドワーキングというスタイルが増えていると聞きます。

その中には独立して個人事業主や起業して社長となる人も増えています。

個人事業主や法人化した方の多くは経理業務がとても面倒だと感じるそうです。

特に打ち合わせなどで移動する際の交通費は多くなりがちで毎月領収書を出して保管、清算して・・・というのは確かに面倒そうです。

できれば屋号・法人口座からまとめて引き落として経費としておきたいですよね。

高速道路料金で使用するETCカードも同じようにしたいはずです。

基本的な作り方は通常のクレジットカードと同じで法人用のビジネスカードを申し込むのが一番シンプルな方法です。

会社設立後の1つの関門とされています。

皆さんはETC カードを選ぶ際にどういった部分をチェックしてカードの発行申請をしましたか?所持しているクレカ会社にそのまま発行申し込みをしている方や発行手数料や年会費無料かをチェックして申し込んだ方もいると思います。

ここではまだETCカードを申し込んでいない方に向けて他の方が作ったときにどのポイントを見て申し込んだのかを調べてみました。

高速道路を利用することが少ない方は年会費や更新費用がかからないETCカード、利用頻度の多い方はポイント還元率の高いカードを選ぶ方が多いようです。

年会費無料のカードを選ぶ際、よく利用する店舗でのポイント還元率の違いや事業用と私用でカードを分けるために複数枚作る方もいるようです。

皆さんは普段、高速道路を利用する時にETCカードを使っていますか?もし持っているけど使っていないならすごくもったいないです。

その理由としてETC利用をすると料金割引が受けられるからです。

例えば、NEXCOが管理している地方部の高速利用料が30%オフになるんです。

他にも平日朝夕割引や深夜割引といったサービスも行っているようです。

また、運転したことのあるほとんどの方が経験したことがあると思う料金所一般レーン直前の渋滞を気にすることなく通過できます。

ここまで読んでETCを使ってなくて損してたなぁ、カード作らなきゃと思った方はお持ちのクレカ会社に追加で申し込みをしてもらうかサブとして新規でクレカと一緒に申し込みしましょう。

車の免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを作っていないから父親からカードを借りてくる。

という学生の方をよく見かけます。

技術的・仕組み的には他人名義のカードも問題なく利用はできますが別の面で問題があるので家族間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、カードを申請する際の利用規約に本人以外の利用が禁じられていると書かれているからです。

少しわかりやすく書くとETC制度もクレカと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替えて名義人の口座から後日まとまった金額を引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードを作った名義人とカード会社の信用を前提にして成り立っています。

名義人以外の信用関係が成立していない人が利用しているのは明確に規約違反となりカードの利用ができなくなる可能性を含んだ行為になります。

ETCカードを利用して高速道路の出口を通る際、トラブルが発生していなければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

万が一出口でエラーが発生してしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

もしエラーが起きたら車載器からエラーの警告音が出ます。

気づかぬままETCレーンに入ってもゲートのバーには「STOP」の表示のみが出てバーも開きません。

こういった時のためにETCレーンに減速しながら入っていくという決まりになっています。

もしバーが開かない場合はバーに接触しないように車を停めましょう。

その際、事故につながることがあるため停車後に焦って車外に出ないようにしましょう。

レーン備え付けのインターホンがあるので係員の指示に従うようにしましょう。

ほとんどの場合、係員に直接カードを渡して精算になりますが入り口でETCレーンを通過していれば割引は適用されるので安心してください。

1、2年ほど前からキャンピングカーをレンタルしての旅行が人気なようです。

車で旅行をするということは高速道路を利用しますよね?その際にETCカードの利用を考えると思いますがレンタカーでの利用は車載器に挿せば基本的に利用できますが旅行後に利用履歴を見ようとした時にはETC利用照会サービスに事前登録の必要です。

利用照会サービスのサイトでは本人確認を行うための事前登録として「ETCカード番号」、「ETCを利用した利用年月日」などの情報が必要になります。

レンタカーで利用した場合、車載器管理番号は各レンタカー会社への確認してください。

ETCカードの登録をすでに行っている、もしくは1度登録した後は複数車両で利用するときの登録は不要になります。

大学進学や新社会人になるにあたって車の免許を取って遠出をしたいと思っている方もいると思います。

免許取り立ての方はクレカは持っていてもETCカードは持っていない方が多いと思います。

ネット上でもどこで作れるの?といった質問も散見されます。

ここではETCカードの作り方について解説します。

まず最初にETCカードはsuicaのように購入するものではなく申し込みをして取得するものになります。

発行元はネクスコなどの高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと一般的なイメージ通りのクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

もしすでにクレカをお持ちでETC対応の会社なら追加発行の申し込み、対応していなければ新しくクレカを申し込み、同時にETCを申し込みしましょう。

高速道路の料金所をスムーズに通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですがその普及率はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本のサイトに載っている利用率調査によると平成30年3月に高速道路を走行した中の約90%の車で使われていたそうです。

ほとんどの方がETC無線通行を利用しているということです。

料金割引も東京湾アクアラインを例にするとETC利用で普通車料金が800円ですが通常料金では約3000円と大きく違います。

多くの人が使っている、カード利用で割引されるという話を聞くとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの作り方ですがすでにクレカをお持ちの方はweb上で追加発行、持っていない方は新規でクレカ申し込みする際に一緒にETCカードの申し込みができます。

高速道路の料金がレーンを通れば自動で引き落とされるETCですがネット上でこんな質問を見つけました。

「ETCカードで給油はできますか?」という質問です。

参考:ETCカード審査通らない?カード作るには?【審査落ちた理由】

答えとしては、基本的にはできません。

基本的にと書いた理由としては、クレカ機能付きの一部ETCカードの場合は給油できるからです。

では、どこで申し込めばクレカ機能も付いた一体型のカードが発行されるのでしょう。

調べてみたところ出光やコスモ石油などガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

クレカ一体型は一枚で買い物やETC走行ができるので管理が楽ですが高速道路を走っている途中でPAなどでクレカ決済をしようとすると一度車載器から抜いてからではないと決済できないという少し面倒な面もあります。

ETCカードを挿しっぱなしにして駐車していたら盗難された、失くしてしまった場合、パニックになってしまうと思いますが一呼吸置いてまず落ち着いてから各所へ連絡をしましょう。

仮に盗まれたのではなく紛失だったとしても絶対に警察へ紛失届けを出してください。

警察に届け出したあとの対応はカードの発行元によって変わりETCパーソナルカードの場合はパーソナルカード事務局へ電話をかけてください。

事務局へ連絡できる時間は曜日が限定されているので連絡する時間に気をつけてください。

クレカ会社発行の場合は発行元の各クレカ会社へ連絡をします。

その際クレジットカード会社によって対応の違いが多少あると思いますが多くの場合は24時間受付のフリーダイヤルが用意されています。

大学生になって車の免許を最近取ったという方もいると思います。

長期休暇の時に高速道路を使って遠出を考えているならぜひETCカードを利用しましょう。

ここではETCカードの作り方を解説します。

カードの作り方としては大きく分けて2種類があります。

各カード会社から発行しているクレカタイプとNEXCOなどが共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

特別な理由がなければクレカタイプで作成しましょう。

その理由としてはクレカタイプの場合は申し込みと同時に発行、すでにクレカを持っている場合は追加申し込みで簡単なのに対しパーソナルカードの場合は発行時に最低4万円の保証料を用意しなければいけません。

皆さんはクレジットカードの利用額はちゃんと管理していますか?特にカードを複数枚お持ちの方は管理が大変ですよね。

プライベート用やビジネス用でカードを分けている場合、確定申告をする時に利用履歴や明細をまとめる必要があります。

これはETCカードでも同様の確認が必要です。

クレジットカードでは各カード会社で照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」という専用のページでカードごとに過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

出張などでレンタカーでETC利用した明細が必要ならば照会ができなくなってしまうので注意しましょう。

ETCカードを持っていないから欲しい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレジットカードです。

もしクレカを持っていなく銀行のキャッシュカードしか手元にないという方は基本的にクレカを作る必要があります。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついているカードの場合はそのまま発行手続きができます。

銀行のキャッシュカードで作れない理由としてはETCのゲートを通るときにデビット支払いのようにデビット支払いのように口座から即時引き落としにしてしまうと新しい口座にお金を移動していて偶然口座にお金がなかった場合にETC出口で通過ができなくなってしまうからです。

全ての人が知っているようで知らないルールってありませんか?例えばETCの正しい使い方はどうでしょう。

NEXCOのHPで正しい使い方の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードには有効期限があるので車に乗る前に有効期限を確認しましょう。

乗車後に車載器にカードを挿入することになりますが正しいカードの向きで挿入してください。

ETCレーンに入る際はレーンの信号が赤になっていないかの確認とレーン内では時速20km以下の速度で通行してください。

もし何らかの理由で出口の開閉バーが開かないといったトラブルが発生した時は決して車をバックさせず、インターフォンで係員の指示に従うようにしましょう。

関連ページ