平成29年1月4日よりクレジットカードで納税できるようになりました。所得税、消費税、法人税、相続税などの国税や住民税、自動車税、固定資産税、個人事業税などの地方税の支払いができます。しかし、税金のクレジットカード払いは本当にお得なのでしょうか?何か注意点や落とし穴はないのか?メリットやデメリットを交えて分かりやすく解説します。

クレジットカードは日本人にも不可欠なものになりま

税金のクレジットカード払いはお得か?【クレカ納税の方法と注意点】
■HOME >> クレジットカードは日本人にも不可欠なものになりま

クレジットカードは日本人にも不可欠なものになりま

クレジットカードは日本人にも不可欠なものになりましたが国際ブランドと提携しているものが大半です。

富裕層が持つ事で知られるAMEXもありますが、VISA、MasterCard、JCBが一般的でこれさえあれば、海外旅行も安心してエンジョイすることができます。

国内ではVISAがクォリティの高いイメージがあり、テレビCMのおかげで知名度は抜群だと思います。

MasterCardはVISAと同様に世界中で利用することができ消費者金融にライセンスを提供していることでも知られています。

JCBは国内最強の1枚なのですが渡航先によっては使えない事がありますので注意して下さい。

お金を使わずにショッピングや飲食ができるので支払いが手軽で便利になるカードがありますね。

利用金額によってポイントがもらえたり色々な特典が付くこともあります。

支払時に提示してサインするだけの簡単な使い方なのですが、本人名義の物でなければいけません。

利用によって立て替えられた商品の代金は入会契約時に指定された決済日に自動引き落としされます。

通常、1回払いで引き落とされますが「後からリボ」や「ローン」に変更する事もできます。

いざという時、財布に1枚あると便利なのがキャッシュレスでも買い物できるものです。

ショッピングの支払に利用できる他現金を引き出せるキャッシング機能も付いているので現金が必要な時にも素早く対応できます。

作る方法は沢山ありますが、手っ取り早い作成方法はネットから申し込みをする事です。

ネットからの申し込みは現在一般的な方法です。

インターネットを利用しない方法になると作成した会社から送られてくる書類に必要事項を書き再度郵送するという方法があります。

手持ちがさみしいときでも買い物が難なくできる1枚、その支払い方法は一括払いの他にも、支払方法に選択肢があります。

リボ払いは分割払いとは違い決められた金額を毎月その会社へ支払います。

支払い額が一定にできるので金銭管理をしやすく出来るのが特徴です。

ですが、この方法選ぶと手数料もかかりますから安易に選択する事はあまりオススメではありません。

返済は計画を立てて行いましょう。

クレジットカードはショッピングの支払い時などに財布から現金を・・という手間無く支払いが出来るので持っていると安心出来るカードです。

そして、買い物の支払いだけでなく電気・ガス・水道の公共料金も支払いが可能です。

クレジットで公共料金の支払いをするとポイントが知らない間に貯まっている事もありポイントを貯めるのが目的で支払いをクレジットに指定する人もいます。

ですが、クレジット支払いにすると口座振替の時とは違って月額の割引が無くなってしまう場合もあります。

クラッシックカードに比べるとゴールドは高い地位にあり通常よりも手厚い待遇を受けることができます。

日本で発行されている大半は年会費が高額で審査が厳しかったですが近年では、よりハイレベルなカードが作られてきたので、条件はゆるくなってきたようです。

この会員が享受できる特典はいろいろありますが、一例としては専用デスクの利用、ホテルや航空券、劇場などのチケットの手配などがあります。

年会費がかからなくなるものもありますが、この場合、企業側が規定の利用条件を満たした一般会員のみを選出して勧誘するシステムなので、こちらから申し込んでも受理されません。

片や会社側で設定 した金額以上の年間決済で次年度の年会費が無料になるものもあり、シティカードジャパンのシティバンクダイナーズクラブカードでは年間30万円の決済で適用されます。

クレジットカードには会員保障制度というシステムがあり紛失、盗難、その他の理由により他人に悪用された場合、名義人が被る損害を発行会社で負担してくれます。

紛失や盗難などで手元にないことがわかったら、直ちに警察へ連絡して発行元の緊急センターにも連絡します。

不正利用があった場合は、最大60日までさかのぼって対応してくれますが警察に届け出をしていない場合は補償の適用はされません。

インターネットでは、番号と有効期限、名義を入力するだけで簡単に不正利用ができてしまいますので、特に注意が必要です。

パソコンやスマホのネットセキュリティを強化しておき明細やメールを毎日確認して早めに気がつくことが大切です。

持っていると役立つクレジットカードを作る時の審査は色々なローン審査と比べると比較的通りやすい事が多く大部分のクレジットカード会社がインターネット経由で1年中申し込みが出来ます。

過去にローンに関する問題が無ければ簡単な申し込み方法で審査時間も短い場合が多く、審査に通ると約1週間前後で本人宛にカードが郵送されます。

世の中の不景気はまだまだ続きそうなので日々の節約を工夫しながら自分でする必要がありますね。

そんな節約の毎日に使って頂きたいのが、現金レスでも買い物できる1枚です。

支払い時にこれを使用するとポイントが貯まっていきます。

このポイントを利用すると色々な商品と交換する事が出来ます。

ポイントを効率良く蓄積するには還元率が良いものを使用する様にし支払う時はその1枚に統一させるのが一番貯まる方法です。

最低ランクの一般カードでさえも国内や海外で適用される旅行保険保険がついているものが多くあります。

死亡や後遺障害、ケガや病気の治療や入院、通院などに対応していてグレードが高いほど補償が手厚くなって心強いですね。

国内よりも海外旅行の方が限度額が大きいのが通常ですが、この原因は日本の医療保険制度が海外より充実しているためかもしれません。

携行品やショッピング品についても保障している事も多く、会社によって1回の旅行で数万円以内までは保障するなどの規定があります。

保険適用には自動付帯と利用付帯と2通りがありますが使わなくても適用されるのが自動付帯、使わなければ適用されないのが利用付帯です。

メニュー