平成29年1月4日よりクレジットカードで納税できるようになりました。所得税、消費税、法人税、相続税などの国税や住民税、自動車税、固定資産税、個人事業税などの地方税の支払いができます。しかし、税金のクレジットカード払いは本当にお得なのでしょうか?何か注意点や落とし穴はないのか?メリットやデメリットを交えて分かりやすく解説します。

通常、税金支払いできるクレジットカードには不正

税金のクレジットカード払いはお得か?【クレカ納税の方法と注意点】
■HOME >> 通常、税金支払いできるクレジットカードには不正

通常、税金支払いできるクレジットカードには不正

通常、税金支払いできるクレジットカードには不正利用に対する保障制度がありスリや窃盗で習得した第三者が悪用することによって名義人が受けた損害は発行会社が負担してくれます。

盗まれたことがわかった場合は、すぐに警察に届け出を提出し大至急、発行元にも連絡して利用停止にします。

他人に使用された痕跡がある場合、届け出が受理された60日前までさかのぼって対応してくれますが警察に届け出をしていない場合は補償の適用はされません。

ネット決済の場合は、番号や有効期限、名義を打ち込むだけでサインや指紋認証もありませんから簡単に悪用されてしまいますので要注意です。

事前対策としては、やたらとあちこちのサイトに番号を登録しないことや毎月の利用明細を確認していればわかるので、きちんとチェックすることが大切です。

かなり多くの種類の税金支払いできるクレジットカードが日常で利用されていますがそのほとんどに国際ブランドのロゴが印刷されています。

富裕層が持つ事で知られるAMEXもありますが、VISA、MasterCard、JCBが一般的でこの1枚を持っていれば世界中どこでも通用する心強いアイテムです。

VISAは日本では堅実な企業と提携しておりその名前はテレビCMでも有名ですね。

MasterCardはVISAと双璧をなす企業で消費者金融にライセンスを提供していることでも知られています。

JCBは日本発のカードなので国内では加盟店が多いのですが海外の普及率は伸び悩んでいるようです。

いざという時持っていると便利なのが現金がなくても支払可能な1枚です。

買い物の支払いを済ませることが出来る機能の他キャッシング機能も付帯しているのでお金が必要な場合はすぐに対応できます。

これを作成する方法は様々ですが、簡単な作成法はインターネットを介して申し込みをする方法です。

ネットからの申し込みは現在ポピュラーな方法になっています。

インターネットを利用しない方法になると作成した会社から送られてくる書類に必要事項を書き送り返すという方法もあります。

ランチやディナーもキャッシュレスなので現金を持ち歩く必要がなくなるカードがありますね。

利用額の何パーセントかのポイントが付いたり色々な特典が付くこともあります。

店員さんに預けてレジに通してもらうだけなので使い方は簡単ですが、使用できるのは名義人に限られています。

1ヶ月分の買い物で立て替えられた利用代金は契約時に指定された毎月の支払日に自動引落されます。

買い物のでの支払い回数の変更は買い物後でも変更ができます。

一般カードのようにグレードが低くても国内や海外で適用される旅行保険保険がついているものが多くあります。

急病になった場合や交通事故に会った場合などに対応していてステータスが高いほど補償される金額が大きくなって心強いですね。

どの会社でも国内よりは海外旅行の方が限度額が高額なのですが原因として海外の医療費は日本よりも数段高いことが上げられます。

携行品やショッピング品についても保障している事も多く、申告までに期限を設けている会社もありますので注意が必要です。

自動付帯か利用付帯か規定された条件によって異なりますが携帯しなくても所有していれば適用されるのが自動付帯、旅行における支払に使用した場合に適用されるのが利用付帯です。

現金がなくてもショッピングができるもの、その支払いの仕方には様々な支払方法があります。

リボ払いで支払う方法は分割で支払う方法と違っていて支払い残高に応じて月々決められた金額をその会社へ支払います。

月の支払額を一定にできるので家計の管理がしやすくなるのが特徴です。

ただ、この方法は手数料も上乗せされますので安易に選択する事はお勧めできません。

支払いは計画を立てて行う様にしてください。

現金が足りない時に役立つ税金支払いできるクレジットカードはカード会社が多数存在するのでどこのカードを作ろうか迷ってしまうという方が大半でしょう。

そんな時参考にしたいクレジットカードの選び方はカードの金利や年会費等を見比べてみる事です。

カードの年会費を支払いたくない場合は年会費を支払わなくて良いクレジットカードを。

キャッシングも考え居る人は返済時の金利が低いカードが良いでしょう。

クラッシックカードに比べてゴールドはより高い価値が与えられており一般会員よりも手厚い待遇が受けられます。

昔は申し込み条件として、年収400万円以上、年齢は30歳以上など厳しい審査でしたが近年では、よりハイレベルなカードが作られてきたので、条件はゆるくなってきたようです。

対象となる会員は数多くの特典を受けることができ、その中にはより高額な保険補償額の提供、ホテルや航空券、劇場などのチケットの手配などがあります。

年間の会費無料なものもありますが、こちらは既存の会員の中から一定の利用条件を満たした人だけが企業側から「お誘い」を受けるシステムなので、自らの意思で申し込むことができません。

他には会社側で規定した以上の利用金額で年会費が不要になるものもあり、シティカードジャパンのシティバンクダイナーズクラブカードでは年間30万円の決済で適用されます。

買い物の支払い時などにあると便利なのがクレジットカードです。

カードで支払いを済ます事が出来るので、わざわざ現金を出す必要がありません。

色々な会社が税金支払いできるクレジットカードを出していますが通常、カードを使用すればするだけカードにポイントが貯まっていきます。

ポイントの使い道は色々ありますが請求が来た時に貯まったポイントを使ったり沢山貯めて欲しい賞品と交換するという様な事も出来ます。

クレジットカードはショッピングの支払い時などに現金で支払う必要がないのであればとても便利に使えるカードです。

そして、買い物の支払いだけでなく公共料金の支払いも出来ます。

カードで支払いをするとポイントが知らない間に貯まっている事もあり目的がポイントで支払い方法をクレジットにする人もいらっしゃいます。

しかし、クレジット支払にした場合は口座振替の時と違って月の割引が無くなる事があります。

メニュー