平成29年1月4日よりクレジットカードで納税できるようになりました。所得税、消費税、法人税、相続税などの国税や住民税、自動車税、固定資産税、個人事業税などの地方税の支払いができます。しかし、税金のクレジットカード払いは本当にお得なのでしょうか?何か注意点や落とし穴はないのか?メリットやデメリットを交えて分かりやすく解説します。

1枚あると便利なクレジットカードの審査

税金のクレジットカード払いはお得か?【クレカ納税の方法と注意点】
■HOME >> 1枚あると便利なクレジットカードの審査

1枚あると便利なクレジットカードの審査

1枚あると便利なクレジットカードの審査は数あるローンの審査の中で比べると比較的通りやすい事が多くおおかたのクレジットカード会社がネットから24時間いつでも申し込みが可能です。

過去にローンに関する問題が無ければ簡単な申し込み方法で短い時間で審査が終わる場合が多く審査に合格すれば約1週間程度で本人宛のカードが郵送されます。

現金が足りない時に役立つクレジットカードはカード会社が多数存在するのでどの会社が良いか解らないという方もいらっしゃるでしょう。

そんな時に役立つクレジットカードの選び方はカードの年会費・金利に注目することです。

年会費を支払いたくない場合は年会費は0円!というクレジットカードを。

キャッシングも考え居る人は低金利のカードがお勧めです。

世の中の不景気はまだまだ続きそうなので日々節約は必須です。

そんな節約の毎日に使って頂きたいのが、現金レスでも買い物できる1枚です。

支払い時にこれを使用すると蓄積されるポイントがあります。

このポイントを利用すると色々な商品と交換する事が出来ます。

ポイントを効率的に貯めるにはポイント還元が良いものを使用しすべての支払いを済ませるのが効果的です。

財布に入っていると重宝する税金支払いできるクレジットカード。

クレジットは買い物の支払い時に利用しますがそれ以外にキャッシング機能が付帯しています。

キャッシングとはどう使う物か?例えば、どうしても現金が必要になった時に提携ATMから税金支払いできるクレジットカードを利用して現金を取りだす事が出来ます。

ただ、キャッシングを利用した場合、返済が必要です。

返済する時は利息もあるのでカードを申し込む時は低利息の会社を選ぶと良いでしょう。

現金がなくてもショッピングができるもの、その支払いの仕方には一括払いの他にも、支払方法に選択肢があります。

リボ払いは分割とは別の支払い方法で支払い残高に応じて月々決められた金額をその会社に支払う方法です。

月々の支払いを一定にする事ができるので家計の管理がしやすくなるのが特徴です。

ただ、この支払い方法には手数料がかかりますので毎回選択する事はオススメではありません。

便利な物ですが支払いは計画的に行ってください。

現在、電子マネーは種類が多くなってきており過激なポイント攻勢やスーパーセールでお馴染みの楽天のEdyもそれにあたります。

あらかじめチャージしてカードに残金を貯めておきショッピングや食事の支払は残金の範囲内で行なうことができます。

支払の際に財布を開ける必要が無いので時間が無くて急いでいる時でも慌てなくて済みますね。

1ヶ月単位で弾き落とされるキャッシュレスなカードは使いすぎる危険がありますが入金している中から支払われるシステムなので心配はいりません。

利用するに当たっては、預託した金額を支払に充てるため申込み審査が不要ですから誰でも利用できるのが最大のメリットですね。

お金を使わずにショッピングや飲食ができるので現金を持ち歩く必要がなくなるカードがありますね。

利用額の何パーセントかのポイントが付いたり割引などのサービスを受けられることもあります。

支払時に提示してサインするだけの簡単な使い方なのですが、名義人以外の人が使うと規約違反になります。

支払で立て替えてもらった代金は契約時に指定された毎月の支払日に自動引落されます。

支払回数は購入時に指定することもできますが、後から変更できる方法も増えてきています。

クレジットカードの不正利用から会員を守るための保障制度があり、第三者に拾得され悪用された場合に名義人が受ける不利益を発行会社が弁済してくれます。

落としたり置き忘れた場合は、すぐに警察に届け出を提出し発行元にも連絡をして指示に従います。

不正利用があった場合は、最大60日までさかのぼって対応してくれますが警察に届け出をしていない場合は補償の適用はされません。

インターネットでは、番号と有効期限、名義を入力するだけで暗証番号もありませんから、簡単に不正利用されてしまいますので用心してください。

注意することは、特に怪しいサイトにいかない事や日頃から見知らぬ販売受付メールが届いていないかチェックすることが大切です。

クレジットカードは日本人にも不可欠なものになりましたが大半は国際ブランドのマークが印刷されています。

入手が困難なDinersClubもありますがVISAやMasterCard、JCBは一般人でも手軽に持つことができ基本的には世界中で使うことができるアイテムです。

VISAは日本でとても質の高いイメージが築き上げられていてその名前はテレビCMでも有名ですね。

MasterCardは幅広い加盟店で決済する事を主眼に置いておりアコムと提携している「アコムACマスターカード」でも有名です。

JCBは日本発のカードなので国内では加盟店が多いのですが海外の普及率は伸び悩んでいるようです。

財布の中の現金が少ないときなどに現金なしでも買い物できる1枚が財布の中にあれば安心です。

例を挙げるとすると、買い物をして会計する時に手持ちが足りないこともあると思います。

そんな時、これで支払いをすれば欲しい物を無事に手に入れる事が出来ます。

それに、これは支払に利用する他世界中でキャッシングできる機能が付帯しているので現金が欲しいときはこれを使用し提携コンビニ・銀行のATMから引き出せます。

メニュー