平成29年1月4日よりクレジットカードで納税できるようになりました。所得税、消費税、法人税、相続税などの国税や住民税、自動車税、固定資産税、個人事業税などの地方税の支払いができます。しかし、税金のクレジットカード払いは本当にお得なのでしょうか?何か注意点や落とし穴はないのか?メリットやデメリットを交えて分かりやすく解説します。

通常、クレジットカードには不正利用に対

税金のクレジットカード払いはお得か?【クレカ納税の方法と注意点】
■HOME >> 通常、クレジットカードには不正利用に対

通常、クレジットカードには不正利用に対

通常、クレジットカードには不正利用に対する保障制度がありスリや窃盗で習得した第三者が悪用することによって名義人が受けた損害は発行会社が負担してくれます。

紛失や盗難などで手元にないことがわかったら、直ちに警察へ連絡して発行元にも連絡をして指示に従います。

不正利用があった場合は、最大60日までさかのぼって対応してくれますが警察に届け出をしていない場合は補償の適用はされません。

ネットでのオンラインショッピングでは番号や有効期限、名義を入力するだけで暗証番号もありませんから、簡単に不正利用されてしまいますので用心してください。

注意することは、特に怪しいサイトにいかない事や毎月の利用明細を確認していればわかるので、きちんとチェックすることが大切です。

楽天やYahoo!で買い物をするときにネット決済を使えばオンラインで支払ができます。

色々な決済方法がありますが、パソコンからのネットバンキングが便利です。

消費者は、わざわざ振込みに出かける必要がなくなるので気軽にショッピングを楽しめるメリットがあります。

販売店は、サイトに商品を掲載しておけば良く営業スマイルをする必要からも解放されます。

しかし、便利なシステムでもウィークポイントがつきもので特に海外サイトを利用する際は用心が必要です。

不景気を抜け出すのはまだ先の事なので毎日工夫しながら節約する事は大事ですね。

節約生活の中に取り入れて頂きたいのが、キャッシュレスでも買い物できる1枚です。

支払いの時に使うとポイントが付きます。

加算されたポイントは色々な商品と交換する事が可能です。

ポイントを効率良く貯めるには還元率が良いものを使用する様にし支払う時はその1枚に統一させるのがおすすめです。

年会費無用の一般カードでも国内や海外で適用される旅行保険保険がついているものが多くあります。

死亡や後遺障害、ケガや病気の治療や入院、通院などに対応していて年会費が高いほど補償額が大きいようで心強いですね。

保険の限度額は海外旅行の方が国内よりも高いのが通例ですが、原因として海外の医療費は日本よりも数段高いことが上げられます。

ショッピング保険など物品に関する補償もありますが会社によって1回の旅行で数万円以内までは保障するなどの規定があります。

自動付帯か利用付帯か規定された条件によって異なりますが携帯しなくても所有していれば適用されるのが自動付帯、旅行における支払に使用した場合に適用されるのが利用付帯です。

ゴールドカードはクラッシックよりも高い付加価値が与えられているので通常会員が利用できないサービスを受けることができます。

申し込みには勤務先の規模や経営状況など厳しい審査がありましたが最近では、よりグレードが高いカードが発行されるようになり基準が緩和されてきたようです。

該当する会員が受けられる特典は数多く、具体的には空港のラウンジサービス、専用デスクの利用などがあります。

年間の会費が無料になるものもありますが、これについては既存会員の中で企業が規定する利用条件を満たした人だけが「お誘い」を受けるシステムなので、こちらから申し込んでも受理されません。

更に一定金額以上の利用で年会費が0円になるものもあり、三菱UFJ銀行の三菱UFJ銀行-VISAゴールドプレミアムでは年間100万円の決済で適用されます。

映画もキャッシュレスで見られるので財布の中を気にする必要がなくなるカードがありますね。

利用金額の0.5%〜1%程度のポイントが付いたり割引などのサービスを受けられることもあります。

使い方は簡単!支払いの際に提示してサインするだけですが本人名義の物でなければいけません。

支払で使った金額の清算の方法は入会契約時に指定された決済日に自動引き落としされます。

一括払いが通常ですが、買い物後でも変更ができます。

いざという時持っていると便利なのが現金がなくても支払可能な1枚です。

これは買い物の支払い時に利用できる他キャッシング機能がついているのでお金が必要な場合は素早く対応できます。

この1枚の作り方は色々とありますが、手っ取り早い作成方法はネットから申し込みをする事です。

インターネットからの申し込みは現在主流になっています。

インターネットを利用しない方法になると提供会社から送られてくる書類に必要事項を記載し返送する方法があります。

小銭しかない時に役立つ税金支払いできるクレジットカードは沢山のカード会社があるのでどこのカードを作ろうか迷ってしまうという方も多いでしょう。

迷っている時に参考になるクレジットカードの選び方は各カードの年会費や金利などを見比べてみる事です。

年会費がかかるのが嫌な場合は年会費を支払わなくて良いクレジットカードを。

税金支払いできるクレジットカードでキャッシングをする予定の人はキャッシング時の金利が低いカードがお勧めです。

買いたい物がある時に税金支払いできるクレジットカードがあると便利です。

税金支払いできるクレジットカードで支払いをすればわざわざ現金を取りだす必要がありません。

色々な会社がクレジットカードを出していますが基本、税金支払いできるクレジットカードは使用すればするほどカードにポイントが貯まっていきます。

このポイントの使い道は様々ですがポイントを使って請求額の支払いを少なくしたり沢山貯まったら欲しい商品と交換するという風な事も可能です。

持っていると役立つクレジットカードを作る時の審査は色々なローン審査と比べると短時間で済むケースが多くたいていの税金支払いできるクレジットカード会社がインターネットから24時間365日申し込みが出来ます。

ローンの問題が過去になければ簡単な申し込み方法で審査時間も短く済む場合が多く審査通過後、1週間前後で本人宛にカードが郵送されます。

メニュー