平成29年1月4日よりクレジットカードで納税できるようになりました。所得税、消費税、法人税、相続税などの国税や住民税、自動車税、固定資産税、個人事業税などの地方税の支払いができます。しかし、税金のクレジットカード払いは本当にお得なのでしょうか?何か注意点や落とし穴はないのか?メリットやデメリットを交えて分かりやすく解説します。

税金のクレジットカード払い

税金のクレジットカード払いはお得か?【クレカ納税の方法と注意点】
■HOME

税金のクレジットカード払いはお得なのか?

手元にあると安心なクレジットカード審査は色々なローン審査と比べると比較的簡単なケースが多くたいていの税金支払いができるクレジットカード会社がネットからの申し込みがいつでも可能です。

ローンに関するトラブル等が過去に無ければ手短な申し込み方法で短い時間で審査が終わる場合が多く審査に合格すれば約1週間程度で本人宛にカードが送られて来ます。

ショッピングサイトで買い物をするときに現金を使わずにオンラインで決済する方法をネット決済と言います。

決済の手段は何通りかありますが、ジャストペイド方式のデビットカードでも利用できます。

利用者は出かけなくても自分の都合の良いときなら買い物を手軽に行えるメリットがあります。

販売店は、サイトに商品を掲載しておけば良く営業時間が関係なくなるので自由に作業ができます。

一見すると便利な支払い方法なのですがハッカーによる情報漏洩の可能性は常に危惧されます。

不景気を抜け出すのはまだ先の事なので日々の節約を工夫しながら自分でする必要がありますね。

節約生活の中に取り入れて頂きたいのが、キャッシュレスでも買い物できる1枚です。

支払いの時に使って済ませるとカードポイントがどんどん蓄積されます。

付いたポイントは商品券・その他の商品と交換する事が出来ます。

効率良くポイントを貯める為にはポイント還元率が良いものですべての支払いを済ませるのが良いでしょう。

クレジットカードはお金を出さずに清算できるだけでなく色々な特典が用意を利用することができます。

イオンやOMCなどの流通系のものは「感謝デー」と称してポイント付与率が高くなるサービスを定期的に開催しています。

AmericanExpress、DinersClub、JCBなどの国際ブランドでは国内のホテルやレストランの料金面などで優待を受けることができます。

会員向けのレクリエーション特典として発行元が運営しているものにはゴルフリゾート会員券の紹介や提携ゴルフ場、ゴルフ練習場、ゴルフスクールの割引価格での利用があります。

更に、医療や健康面を重視しているカードもあり子育て支援や介護、自己啓発などの相談サービスを利用できるものもあります。

現在、国内では非常に多くのクレジットカードが使われておりそのほとんどが国際ブランドと提携しています。

VISAやMasterCard、JCBが一般的ですがこれさえあれば、海外旅行も安心してエンジョイすることができます。

国内ではVISAがクォリティの高いイメージがあり、その名前はテレビCMでも有名ですね。

MasterCardも所有者が多く幅広い層から支持されておりアコムと提携している「アコムACマスターカード」でも有名です。

JCBは国内最強の1枚なのですが渡航先によっては使えない事がありますので注意して下さい。

現金が足りない時税金支払いできるクレジットカードを持っていると安心です。

税金支払いできるクレジットカードを発行する会社は沢山ありますからどこの税金支払いできるクレジットカードを作ろうか決断出来ずに迷ってしまう人もいるでしょう。

もし、決断できずにいる時はカードを見比べてみると良いです。

カードを比べるにはインターネットから各クレジットカードを見比べたサイトなどを見ると良いでしょう。

買いたい物がある時にあると便利なのがクレジットカードです。

カードで支払いを済ます事が出来るので、わざわざ現金を出す必要がありません。

色々な会社がクレジットカードを出していますが多くの場合、カードを使えば使うほどカードにポイントが蓄積されます。

ポイントの使い道は色々ありますがカード請求時に貯まった分だけ支払いを引く事が出来たり沢山貯まったら欲しい商品と交換するという風な事も可能です。

小銭しかない時に役立つ税金支払いできるクレジットカードはカードを取り扱っている会社が沢山あるのでどこのカードを作ろうか迷ってしまうという人は多いと思います。

そんな時参考にしたい税金支払いできるクレジットカードの選び方は年会費や金利などに目を向けてみる事です。

年会費がかかるのが嫌だという場合年会費を支払わなくて良い税金支払いできるクレジットカードを。

クレジットカードでキャッシングをする予定の人は低金利のカードがお勧めです。

お金いらずで飲食店や買い物ができるので会計がスムーズになるカードがありますね。

利用金額の0.5%〜1%程度のポイントが付いたりイベント開催時には数倍になることもあります。

使い方は簡単!支払いの際に提示してサインするだけですが名義人以外の人が使うと規約違反になります。

支払で立て替えてもらった代金は入会契約時に指定された決済日に自動引き落としされます。

一括払いが通常ですが、ネットや電話で変更する事もできます。

年会費無用の一般カードでも多くのものは国内や海外で適用される旅行保険が付いています。

急病になった場合や交通事故に会った場合などに対応していてグレードが高いほど補償される金額が多く心強いですね。

国内よりも海外旅行の方が限度額が大きいのが通常ですが、この事は海外の方が医療費が高いのが原因で、アメリカでは、骨折で入院、レントゲン、手術で100万円もかかるという話があるくらいです。

ショッピング保険など物品に関する補償もありますが年間補償額○○万円、という規定を設けている企業もあります。

自動付帯と利用付帯の2種類の保険適用がありますが自宅の机に保管しておいても適用されるのが自動付帯、旅行代金などの支払いに使わなければ適用外になるのは利用付帯です。

税金だけでなく公共料金のクレジットカード払いもできます

クレジットカードは何か買い物の支払いや税金の支払いを現金で支払う必要がないのでとても便利なカードです。

また、ショッピングや税金の支払いだけでなく公共料金の支払いにも利用出来ます。

クレジットカードを利用して支払いをすると知らない間にカードのポイントが貯まっていたりするのでポイントを貯めるのが目的で支払いをクレジットに指定する人もいます。

しかしながら、クレジット指定にすると口座振替の時とは違って月額の割引対象から外れる場合があります。

クレジットカードの不正利用から会員を守るための保障制度があり、第三者に拾得され悪用された場合に名義人が受ける不利益を発行会社が弁済してくれます。

紛失や盗難などで所在がわからなくなった場合は、交番に遺失届を出すとともにすぐに電話で発行元にも連絡をします。

通常、届け出を受理した日より60日数分さかのぼって不正使用について対応してくれますが、名義人の故意が発覚した場合は、適用されません。

インターネットでの決済の場合は番号、有効期限、名前を入力するだけでよく簡単に不正利用ができてしまいますので、特に注意が必要です。

注意することは、特に怪しいサイトにいかない事や日頃から見知らぬ販売受付メールが届いていないかチェックすることが大切です。

クラッシックカードでは得られないステータスがゴールドには与えられていて一般会員よりも手厚い待遇が受けられます。

昔は申し込み条件として、年収400万円以上、年齢は30歳以上など厳しい審査でしたが近年、より上のランクのカードができたため条件が緩和されてきています。

対象となる会員は数多くの特典を受けることができ、その中には専用デスクの利用、ホテルや航空券、劇場などのチケットの手配などがあります。

年間の会費無料なものもありますが、こちらは既存の会員の中から一定の利用条件を満たした人だけが企業側から「お誘い」を受けるシステムなので、自らの意思で申し込むことができません。

片や会社側で設定 した金額以上の年間決済で次年度の年会費が無料になるものもあり、三菱UFJ銀行の三菱UFJ銀行-VISAゴールドプレミアムでは年間100万円の決済で適用されます。

持っていると便利な税金支払いできるクレジットカードの審査は色々なローン審査と比べると比較的簡単なケースが多くだいたいのクレジットカード会社がインターネット経由で1年中申し込みが出来ます。

一般的に、過去に何かローンでトラブルが無ければ単純な申し込み方法で短い時間で審査が終わる場合が多く審査通過後、1週間前後で本人宛のカードが郵送されます。

お金がなくても買いたいものが買える1枚、その支払い方には様々な支払方法があります。

リボ払いは分割と支払い方法が違い支払い残高に応じて月々決められた金額をその会社へ支払います。

月の支払額を一定にできるので支払い管理をしやすくなるのが利点です。

ただ、この支払い方法には手数料がかかりますので簡単に選ぶ事は避けた方が良いです。

あると重宝する物ですが、支払いは計画的に行いましょう。

ランチやディナーもキャッシュレスなので会計がスムーズになるカードがありますね。

利用金額によってポイントがもらえたり増額キャンペーンなどのイベントが開催されることもあります。

店員さんに預けてレジに通してもらうだけなので使い方は簡単ですが、本人名義の物でなければいけません。

利用によって立て替えられた商品の代金は入会契約時に指定した銀行口座から自動で引き落とされます。

一括払いが通常ですが、電話やインターネットで連絡すればOKです。

現金がとぼしくても買い物できるものはいざという時にあると便利です。

ショッピングの支払に利用できる他現金を引き出せるキャッシング機能も付いているのでお金が必要な場合はすぐに対応できます。

この1枚の作り方は色々とありますが、一番簡単な方法はインターネットから申し込みをする事です。

ネットからの申し込みは現在ポピュラーな方法になっています。

インターネット以外の方法ですと申し込み会社からの書類に必要事項を記入し送り返すという方法もあります。

不景気はまだ続きそうなので日々の節約を工夫しながら自分でする必要がありますね。

そんな節約の毎日に使って頂きたいのが、現金レスでも買い物できる1枚です。

支払いの時に使うとポイントが加算されていきます。

蓄積されたポイントで様々な商品と交換する事が出来ます。

ポイントを効率良く貯めるにはポイント還元が良いものを使用しなんでも支払いはその1枚で済ませるのが一番貯まる方法です。

日本では数多くのクレジットカードが存在しており日常生活に浸透していますがそのほとんどに国際ブランドのロゴが印刷されています。

富裕層が持つ事で知られるAMEXもありますが、VISA、MasterCard、JCBが一般的で基本的には世界中で使うことができるアイテムです。

三井住友はアメリカ以外の国でイギリスに次いで2番目にVISAと提携した企業でテレビから流れるCMでも有名で名前は聞いたことがあると思います。

MasterCardも所有者が多く幅広い層から支持されており特にヨーロッパ圏で強いカードと言われています。

JCBは国内で利用できない店はほとんどありませんが海外の普及率は伸び悩んでいるようです。

手持ちの現金が少ないときに現金なしでも買い物できる1枚が財布の中にあれば安心です。

例を挙げるとすると、買い物をして会計する時に現金の持ち合わせが足りないこともあると思います。

その様な時、これを使って支払いをすれば欲しい物を無事に手に入れる事が出来ます。

それに、これは支払に利用する他世界で利用できるキャッシング機能があるので現金が欲しいときはこれを使用しコンビニや銀行のATMより必要な分を引き出すことが出来ます。

税金支払いに使えるクレジットカードのメリットとデメリット

クレジットカードは買い物の時などに現金で支払う必要がないのであればとても便利に使えるカードです。

また、ショッピングの支払いだけでなく電気・ガス・水道もクレジットカードを使って支払いが可能です。

税金支払いできるクレジットカードを利用して支払いをするといつの間にかポイントが沢山貯まっている事もありポイントを貯めるのが目的で支払いをクレジットに指定する人もいます。

参考:【納税】税金のクレジットカード払いはお得?ポイントが貯まる方法と注意点

しかしながら、クレジット指定にすると口座振替の時とは違って月額の割引対象から外れる場合があります。

1枚あると便利な税金支払いできるクレジットカードの審査は他のローン審査と比べると容易いケースが多くおおかたのクレジットカード会社がインターネットから24時間365日申し込みが出来ます。

何か過去にローントラブルが無ければ手短な申し込み方法で審査時間も短い場合が多く、審査に合格すれば約1週間程度でカードが本人宛に郵送されてきます。

クラッシックカードでは得られないステータスがゴールドには与えられていて通常会員が利用できないサービスを受けることができます。

日本で発行されている大半は年会費が高額で審査が厳しかったですが近年、ブラックカードなどの登場で、条件が緩くなってきました。

この会員が享受できる特典はいろいろありますが、一例としてはより高額な保険補償額の提供、ホテルや航空券、劇場などのチケットの手配などがあります。

年間の会費が無料になるものもありますが、これについては既存会員の中で企業が規定する利用条件を満たした人だけが「お誘い」を受けるシステムなので、自らの意思で申し込むことができません。

更に一定金額以上の利用で年会費が0円になるものもあり、シティカードジャパンのシティバンクシティゴールドカードでは年間30万円の決済で適用されます。

不景気な世の中はまだまだ続きそうなので自分で工夫しながら節約をしていく必要がありますね。

そんな節約の毎日に使って頂きたいのが、現金レスでも買い物できる1枚です。

支払い時にこれを使用するとポイントが加算されていきます。

蓄積されたポイントで様々な商品と交換する事が出来ます。

効率良くポイントを貯める為にはポイント還元率が良いもので支払う時はその1枚に統一させるのが一番貯まる方法です。

プラチナやブラック、ゴールドカードでなくても海外や国内旅行保険が付帯しているものが多くあります。

急病になった場合や交通事故に会った場合などに対応していてグレードが高いほど補償が手厚くなって心強いですね。

通常国内旅行よりも海外の方が保険限度額が大きいのですが原因として海外の医療費は日本よりも数段高いことが上げられます。

携行品の破損や盗難、ショッピング保険などが付帯していることも多く会社によって1回の旅行で数万円以内までは保障するなどの規定があります。

自動付帯と利用付帯の2種類の保険適用がありますが自宅の机に保管しておいても適用されるのが自動付帯、旅行代金などの支払いに使わなければ適用外になるのは利用付帯です。

財布の中の現金が少ないときなどに現金なしでも買い物できる1枚が財布の中にあれば安心です。

買い物の会計時の時に現金が少ない事もあると思います。

そんな時、これで支払いをすれば商品を戻すことなく手に入れることが出来ます。

そして、この1枚は支払の他にも世界中でキャッシングできる機能が付帯しているので現金が急に必要な場合はこれを使って提携コンビニ・銀行のATMから引き出せます。

現在、電子マネーは色々な種類がでてきていて我々が日常生活で使っている「おサイフケータイ」もそれにあたります。

残金に応じて自動でチャージしてくれるシステムもあり、その範囲内の金額で支払や決済に利用できるサービスです。

レジでサインをする必要がないので手軽でスムーズに勘定を済ませることができるため効率的です。

キャッシュレスなカードのように後から請求がくる場合はつい使いすぎが心配ですが、前払いで入金しているので気兼ねなく使うことができます。

その上、借り入れではないため信用審査が不要ですからパート主婦やアルバイト学生でも利用できるので便利ですね。

お金がなくても買いたいものが買える1枚、その支払い方には様々な支払方法があります。

リボ払いは分割払いとは違い残高に応じて決められた金額を月々その会社へ支払います。

月々の支払いを一定にする事ができるので支払い管理をしやすくなるのが利点です。

が、この支払方法は手数料も取られますので簡単に選ぶ事は避けた方が良いです。

返済方法は計画的に行ってください。

ショッピングの支払いの時にあると便利な物がクレジットカードです。

カードで会計を済ませれば現金を取りだす必要はありません。

色々な会社がクレジットカードを出していますが通常、カードを使用すればするだけカードにポイントが蓄積されます。

ポイントの使い道は色々ありますが月額の支払いにポイントを当てたり沢山貯まったら欲しい商品と交換すると言った事も可能です。

通常、クレジットカードには不正利用に対する保障制度があり悪意に有無にかかわらず、他人が拾得したまま利用することなどで名義人が受けた損害を発行会社が負担してくれます。

盗まれたことがわかった場合は、すぐに警察に届け出を提出し大至急、発行元にも連絡して利用停止にします。

何らかの不正利用が発覚した場合は60日間にさかのぼって対応してくれますが、名義人の故意が発覚した場合は、適用されません。

ネット決済の場合は、番号や有効期限、名義を打ち込むだけでパスワードなどは不要ですから簡単に不正利用できてしまいますので注意が必要です。

ネット決済で悪用された場合、手元にカードはあるので発覚しにくいですがWEB明細にして頻繁に確認していれば、すぐに見つけることができます。


メニュー